お知らせの最近のブログ記事

この度 箱館奉行所は、「第16回 公共建築賞 北海道地区優秀賞」を受賞致しました。 この賞は公共建築の総合的な水準向上を図る目的で、2年に1度表彰が実施されています。

昨年、全国から102点、道内から8点の応募があり、審査の結果、道内では箱館奉行所を含む3点の建築物が選ばれました。 建築物としての企画や設計・施工の優良性のほか、地域社会への貢献、文化性、施設管理・保全状況を審査するため、竣工後3年が経過した施設へ贈られる賞です。 箱館奉行所は文化施設部門で受賞致しました。

構造・規模・・・木造地上一階一部太鼓櫓五層九七九・四平方メートル 事業者・・・函館市 設計者・・・株式会社文化財保存計画協会 施工者・・・㈱竹中工務店  加藤組土建㈱  ㈱石井組  ㈱野辺工務店 ㈱明匠建工

なお、全国の他の地区の受賞作品については,下記のホームページをご参照下さい。 https://www.pbaweb.jp/pb_date/award/news/16th_pbaward_opa_180412/

 

歌手の佳山明生さんがご来館なさいました。

去る8月25日、歌手の佳山明生さんが雑誌取材撮影のため,ご来館なさいました。

佳山さんは函館生まれで、函館観光大使でもいらっしゃいます。

今回は、佳山さんが「箱館奉行所を、ぜひ紹介したい」とご推薦下さっての撮影です。

佳山さんは、とても明るく楽しい方で、撮影中は、終始、笑いが絶えませんでした。

後日、丁寧なお礼状とCDもお送りいただきまして、本当に感謝いたしております。

佳山さん、どうもありがとうございました。


H28.8.25kayamasan.jpg

来る9月10日(土)に、函館大妻高校茶道部・華道部の生徒さんによるお茶席とお花でお客様をおもてなしいたします。

昨年も開催し、たいへん好評でした。

茶道部の生徒さんには、奉行所内南庭にて立礼台を使用し、お点前と呈茶を行っていただき、華道部の生徒さんには、奉行所内床の間に季節のお花を生けていただきます。

お茶席は、13:00~15:00に開催。

通常の入館料のみでご参加いただけますが、当日先着100名様とさせていただきますので、定員になり次第終了いたします。参加整理券は、開始15分前から配布致します。

江戸時代のたたずまいの箱館奉行所で、日本の伝統文化「お茶とお花」で、秋のひとときをお楽しみください。

たくさんの皆様のご来館、ご参加をお待ち致しております。

ochaohana2016.jpg


「奉行に変身・記念撮影」を開催します!

箱館奉行所 大広間一之間で、裃(かみしも)や 打ち掛けをまとい、

記念撮影をしていただくイベント。
毎回100人弱のお客様が体験され、大好評です。

次の開催日は 明後日9月9日(金)重陽の節句の日。
2ヵ月ぶりの開催になります。

ご入館料のみで体験できますよ。皆様もぜひ体験してみて下さいね。
カメラをお忘れなく ^_^
お待ちしております。

写真は、以前参加されたお客様です。
20150627henshin02.jpg

DSC_0466.jpg

酒場詩人の吉田類さんが来所されました。

去る7月29日、酒場詩人の吉田 類さんが来館され、来年3月出版予定の著書の撮影をされました。

その日は、ちょうど箱館奉行所の開館記念日。指定管理者の名美興業㈱阿相博志社長とのツーショット写真です。

H28.7.29yoshidarui.jpg

平成28年6月11日(土)、函館市中央図書館を会場に開催しました、

第6回箱館奉行所講座・函館市中央図書館郷土の歴史講座-

作家 森 真沙子 氏による講演会-知られざる『北の奉行所』は、

参加者150名の大盛況のもと終了いたしました。

講演者の森先生は、小学校・中学校・高等学校時代を函館で過ごさ

れ、現在、歴史時代小説などを精力的に発表しておられる作家です。

この度の講演会は、森先生が数年前に函館を訪れた際に、五稜郭内

に復元された箱館奉行所を見学されて、ご自身の故郷、幕末期の函

館を舞台とした『箱館奉行所始末』を執筆されたことがご縁となり、開

の運びとなりました。

森先生の講演内容は、Ⅰ 誰にも書かれなかった北の奉行所  

Ⅱ 箱館は北の「要塞都市」だった Ⅲ 凄腕ぞろいの奉行たち

Ⅳ 幕末の箱館はこんなに面白い・・と題して、幕末開港期の箱館

で実際に起きた事件を軸に、歴代の箱館奉行の人物像とその活躍

について、ほとんどがあまり知られていない貴重なお話しを聞くこと

ができました。

これまで、ほとんど知られていなかった、幕末期の箱館奉行所の姿

をとりあげた森先生の講演に、参加された多くの方々は、江戸時代

にタイムスリップし、楽しんでいただけたことと思います。

改めて、ご講演いただいた森先生に深く感謝いたします。

2016.06.11.bugyosho Lecture.05.jpg

2016.06.11.bugyosho Lecture.02.jpg

2016.06.11.bugyosho Lecture.03.jpg


第6回箱館奉行所講座は、作家 森真沙子氏をお招きし、
平成28年6月11日(土)午後1時30分より、函館市中央図書館を開場に、「知られざる『北の奉行所』」をテーマに開催いたします。

森氏は、函館西高等学校卒業の作家であり、箱館奉行所始末(二見時代小説文庫)や、ミステリー作品等 幅広いジャンルを執筆する作家です。

今回は、箱館奉行所にまつわる話題を、分かりやすく楽しくお話していただきます。そのあと、箱館奉行所館長 田原良信とのトークショーもございます。
また、講演会後 五稜郭内の、お休み処 「いたくら柳野」におきまして、著書の販売、サイン会を行い、森氏と一緒に奉行所見学にも参加できます。
(奉行所への入館は有料です)

研究成果から、興味深いお話をうかがうことができるものと考えております。
お申込みは 5月23日(月)からです。

是非この機会にご参加下さい。
詳しい内容は、チラシをご確認願います。

chirashi01.jpg

箱館奉行所玄関前の「梅の木」が開花しました。

箱館奉行所玄関前の梅の木が先週20日頃に開花しました。

この梅の木は、箱館奉行所古写真(1868年:慶応4年撮影とされる)に写

されているものを、写真解析により位置を特定し、箱館奉行所復元時に

当時の周辺の景観も再現する目的で、2010年(平成22年)に植樹したも

のです。

hakodate bugyosho plum 01.jpg

hakodate bugyosho plum02.jpg

箱館奉行所玄関前の梅の木の開花

 

なお、復元された樹木の樹種が何故、梅の木とわかったのかというと、

写真に写された樹木の枝ぶりなどの特徴から、函館の植物専門家の方

に樹種を推定していただいたことが元になります。

実際のところ、文献記録には樹木・樹種等についての情報は全くありま

せんでしたので、植物専門家のご意見をもとに樹種を特定することに

なり、植樹いたしました。(今年は7シーズン目にあたります。)

hakodate bugyosho plum old photo.jpg

箱館奉行所古写真に写る「梅の木」と推定した樹木

 

いずれにしましても、五稜郭の春の始まりは、この梅の木の開花から

であって、続いて五稜郭が公園として開放された、大正3年以降に植

樹されたサクラ(ソメイヨシノ等、約1600本)も開花(4月25日開花)を

迎え、この後、ツツジ(大正~昭和期:5月下旬頃)、フジ(昭和10年頃

植樹:5月下旬から6月初旬)の開花と続きます。

梅の開花とサクラの開花が重なる時期は、ほんのわずかですので、

お早めに五稜郭にお出かけの上、ご覧いただきたいと存じます。

梅とサクラを鑑賞した後に、あわせて箱館奉行所へご入館して見学い

ただければと存じます。よろしくお願いいたします。

 

箱館奉行所開館時間変更のお知らせ

2016年4月1日(金)より10月31日(月)まで、箱館奉行所の開館時間は、

午前9時から午後6時までとなります。

(奉行所入館の最終受付時間は午後5時45分となります。)

また、五稜郭公園の表門と裏門の閉門時間も午後7時までとなります。

お時間確認の上、ご利用いただきたいと存じます。

 

 

3月1日(火)より箱館奉行所内で公開してきました「プロジェクション

マッピング」は本日が最終日となります。

公立はこだて未来大学迎山先生がプログラム作成を行い、五稜郭

箱館奉行所・箱館戦争などのデジタル画像を投影し、当時の装飾

や出来事のイメージを楽しんでいただく内容となっております。

まだ、ご覧になっていただいていない方々は、本日午後4時まで

公開しておりますので、是非、ご入館いただきご覧いただければ

と存じます。

Projection Mapping p01.jpg

Projection Mapping p02.jpg

Projection Mapping p03.jpgのサムネール画像

Projection Mapping p04.jpgのサムネール画像

Projection Mapping p05.jpgのサムネール画像

Projection Mapping p06.jpgのサムネール画像

Projection Mapping p07.jpg

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ

ウェブページ