une2011年Jアーカイブ

箱館奉行所は,昨年7月29日のオープン以来,お陰様で市民や観光客など30万人を上回るお客様のご来館をいただくなど好評を博しております。

このたび,開館1周年を迎えるに当たり,各分野から5名のみなさまにお願いし,

「箱館奉行所-その復元と未来への展望-」と題しての,記念フォーラムを企画いたしました。

パネリストとしてお願いいたしましたのは次の方々で,

 函館市長 工藤 寿樹 氏

 北海道新聞函館支社長 松田 哲義 氏

 土方歳三資料館副館長 土方  愛 氏

 五稜郭タワー株式会社常務取締役 中野   晋 氏

 元函館市史編纂室長 紺野 哲也 氏

それぞれの立場から,箱館奉行所やその復元にかかわるお話し,箱館奉行所の活用について,箱館奉行所の未来への展望などについて,お話しを深めていただく予定です。

お申し込み方法等は次の資料の通りですので,ぜひ,ご参加いただきたくご案内申し上げます。

110624_1.jpg

 

五稜郭・箱館奉行所見学会を行いました

6月4日(土),今年度初めて計画した五稜郭・箱館奉行所見学会が行われました。

定員いっぱいの30名のお客様が参加し,五稜郭内は二の橋前の半月堡からスタートして,土塁や石垣,箱館奉行所付属建物など,エピソードを交えた解説を聞きながら見学していただきました。

小休止の後はあまり紹介する機会のない奉行所の外観を説明し,奉行所内もいつもより少し詳しい解説を交えた見学会になり,参加されたお客様にも納得いただけたものと考えております。

1・2週間後の土曜日にも第2回目,3回目の見学会が行われますが,一度にご案内できる人数が限られていることから,いずれも定員に達していることをご理解願います。

110604_1.jpg

110604_2.jpgのサムネール画像

110604_3.jpg

 

6月1日午前,箱館奉行所上空に,太陽の周りを大きく囲む丸い虹が見られました。

虹とはいっても想像される架け橋のようなものとは違って,日暈(にちうん)といわれる太陽の周りに見える光の輪なのだそうです。

虹とは並んでいる色の順も違うとのことですが,はっきりとは分からなかったので,ワイドレンズで撮影し,少しだけ奉行所を明るくして,輪の色もはっきりするように調整してみました。

110601_1.jpg

 

 

2011年06月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
             

ウェブページ

ウェブページ